メインイメージ画像

人生初の1日バイトを経験してみようと思い始めたらいろいろな意味で心配でしょう

img

人生初の1日バイトを経験してみようと思い始めたらいろいろな意味で心配でしょう。学生だから試験の時は休んでいいのか、急に用事ができた時に休めるのか。学生の責務は勉強な訳ですからバイトして学習が妨げられることがないように働く日数や時間を検討することが必要でしょうね。学生でもお金をもらっているのですもの、無責任なことにならないよう気をつかわないといけませんね。バイトをする所の担当の人の話をよーく聞いて自分でもできるか考えるといいでしょう。

バイトをするときに特に学生が悩むことが言葉遣いのはずです。一昔前は、お客様や年長の人に対するものと、友人や家族に対するものを苦労することなく話し分けることができていたのですが、この頃では年配の方にも友人のような言葉の使い方をする若者が増えているようです。お客様に対して、正しい敬語が使えなければ、その若者だけの話ではなく、そのような企業やお店という気持ちを抱かれる確率が高いと言えます。それで、売上や業績が影響を受けると言っても過言ではないかもしれません。

この時代、仕事を2つ以上持っている人は結構いるのではないでしょうか。どうしてかというと、やはりひとつの仕事だけではお金が不十分であることでしょう。そして、給料以外にも復数の仕事を体験出来ることもかなりの魅力と言えます。2つ以上の仕事を掛け持ちするときに気に留めたいのが、時間の使い方です。例えば、基本のバイトを決定し、その隙間に2つ目の仕事を入れる、という訳です。こうすれば、時間のロスが省けて、効率良くバイトができると思います。

バイトを見つけるときに、どのような業務に就くのかといったことはかなり重要なはずです。どんなに収入が良くても、興味の全くない業務をやり続けることは苦労が大きいですから、長く続くとは考えられません。将来はこの分野で働きたいといった明確なビジョンがあれば、そういった内容の仕事を考えるのが良いと思います。そういったものがないとしても、その人の特性や趣味を伸ばせるものであれば長く持続させることが可能と言えます。ひとつの業務を長く続けるというのは、自信になっていきますし、社会からも高い評価を得ることができるのです。

更新情報